2年間人を避けて孤独だったミニチュアダックスの3日間に及ぶ捕獲劇!そして徐々に心はほぐれ・・・



3日間の捕獲劇

 ロサンゼルスの広々とした港に、「フーディーニ」という名前の1匹の犬がいます。2年ほど前から、そこに住み着くようになったとか。

 そのフーディーニを保護するため、動物保護団体のスタッフたちが港へ来ました。キャンキャン吠えたてスタッフの横をすり抜け、逃げ回るフーディーニ。

 保護しようと必死なスタッフたち。最後は、走るフーディーニの体にロープを引っ掛け、ネットをかぶせて捕まえました。しばらくは興奮状態でしたが、落ち着いたところでケージに入れます。

 そして施設に運ばれたフーディーニは、劇的な変化を見せたのです。大勢のスタッフと3日間を要した捕獲劇、そして施設での様子を次のページの動画にてご覧ください。