本当は寂しかった!最初は人間を警戒していた犬が本来の甘えん坊な性格を取り戻した姿に涙・・・



警戒する野良犬

 野良犬として生きている犬が、気軽に人間を寄せ付けることはほぼないでしょう。人間にいじめられたことでもあれば、助けようとしてくれる人間にも警戒するのは当然だと思います。

 そんな不幸な犬を生み出したのは人間です。ですが、助けてくれる人間もいるのです。アメリカの動物保護団体に浄水場の職員から、「浄水場に住み着いている犬を保護してほしい」と要請がありました。

 「邪魔だから、怖いから」といった人間中心の理由かと思ったら、「薬品や浄水槽があって危険だから」という思いやりからなのでした。その犬を保護する様子と犬の変化を、次のページの動画にてご覧ください。