保護されることを頑なに拒むプードルの野良犬!その行動には胸が熱くなる真意があった・・・



保護されることを頑なに拒む野良犬

 ロサンゼルスで、野良犬がいると通報を受けた保護団体のスタッフが犬を保護しに来ました。犬はすぐに見つかりましたが、なかなか動こうとしません。

 「この場を離れたくない!放っておいて」と言わんばかりに、頑なにスタッフを拒否しています。食べ物をあげてもほとんど食いつかず、車の下に潜って人間から遠ざかっていきます。

 それでもスタッフは諦めずに声をかけ続け、少しずつ近づいていきます。触ったりすることができるまで距離を縮めましたが、犬はまた去ろうとします。

 犬は必死に抵抗していましたがスタッフが悪い人ではないと認識したのか、少しずつ落ち着きを取り戻してきました。健康状態に異常はありませんでしたが、保護した犬に驚きの新事実が!詳細は次のページの動画にてご覧ください。