足を切断されて川に放り込まれた瀕死の犬!虐待されていたのに人間を信じ、幸せを掴む・・・



幸せを掴む…

 瀕死の状態で川にいた1匹の犬。毛は抜けやせ細り、右足が切断されています。川に放り込まれたという目撃情報があり、ひどい虐待を受けていたのは確かですが、おとなしく保護されました。

 抵抗する気力もないのでしょうが、とても穏やかな愛らしい子です。動物病院で診てもらうと、最悪の状態でした。ですがジョーダンと名付けられたこの子は力強く生き、人間たちも懸命に助けたのです。

 そして手術にも耐え、新しい家族に出会いました。元々その家にいた2匹の犬たちとも仲良しです。ガツガツと食べて階段を移動し、大地を駆け回りプールで泳ぎ、無邪気に遊んでいる姿が見られます。

 足は元に戻りませんが、普通の犬かそれ以上に元気なジョーダン。「よかったね」と心から言いたいですね・・・。

気に入ったらいいね!してね♪



2 件のコメント

  • なんて奴なんだ 自分の家族にこんな事を
    怒りがわいてくる
    幸せになって良かったね

  • 言葉が出ません
    なにもしない言葉も話せない動物の大切な命
    虐待されるために産まれてきたのではないです
    ごめんなさいとあやまりたい
    何でこんな事をあなたは出来るのですか
    人間として資格無いです‼️虐待の法律厳しくして欲しいです 同じ様に罰を与えたいです
    幸せになってね一杯幸せになってね

  • コメントを残す