病気で失明したトイ・プードルのために飼い主が発明した『天使のリング』に感動…!



愛犬の失明

 ワンちゃんも人間と同様の病気になります。12歳のトイプードル「マフィン」は、白内障が原因で失明してしまったそうです。

 突然目が見えなくなったマフィンは、壁にぶつかったり階段から落ちるようになり、その恐怖で動き回ろうとしなくなってしまいました。そこで飼い主さんは、『Muffin’s Halo』というアイテムを開発したのです。

 マフィンの頭の上にあるこのリング。マフィンだけでなく目の見えないワンちゃん用として、今ではサイズやデザインが多様にあるとのこと。

 では、『Muffin’s Halo』を装着したマフィンはどんな様子なのでしょうか?気になる方は次のページの動画をご覧になってください。