突然のつらい別れ!死の直前まで飼い主に寄り添い続けたゴールデンレトリバーに涙・・・



お散歩大好きなプディング

 今回ご紹介する動画の主人公、「プディング」は15歳のゴールデンレトリバーです。プディングは骨棘と言う、骨の一部が骨端部付近で棘状に突出する病気を患い、神経を圧迫されていたそうです。

 プディングはお散歩が大好きでした。高齢であるのと骨棘という病によって、プディングは大好きなお散歩に行けなくなってしまいます。

 自分の体調のことは、自分が一番わかっていたのでしょう。もうお散歩には行けなくなるということを感じていたようです。飼い主さんがプディングに宛てて綴った手紙と共に、プディングの最後のお散歩の様子を次のページの動画でご覧ください。