広大な砂漠を彷徨っていた1匹の優しいミックス犬がその場を離れられなかった理由とは?



砂漠を彷徨う犬

 カリフォルニアの砂漠地帯を、1匹のミックス犬が彷徨っていました。名前を「ハチカ」と言います。ハチカは数ヶ月もの間、同じ場所に居続けたそうです。

 保護団体がハチカの保護に向かいました。トウモロコシ畑と砂漠という広大な平野で何時間も捜索する中、ようやくハチカの姿が確認できました。

 保護団体のスタッフは車内からハチカを追跡します。砂漠へと向かうハチカですが、そこにはある悲しい事実がありました。

 保護団体がハチカを保護するまでとその後を映した動画ですが、ハチカがなぜそこにいたのかも判明します。気になる方は次のページをご覧ください。