「愛犬に会いたい」余命僅かな男性の最期の願いで数ヶ月ぶりに再会を果たすふたりの姿に感動…!



車中生活から一変

 アメリカのアイオワ州に、マクレインさんという男性とユーティーという名前の犬がいました。彼らは車の中で生活をしていました。

 しかしある日、マクレインさんが肺癌を患い、入院することになってしまいました。ユーティーは保護され、マクレインさんと離れ離れの生活が始まりました。

 マクレインさんは数ヶ月入院しましたが、病気が治ることはありませんでした。そして余命僅かとなったマクレインさんは、もう一度愛犬のユーティーに会いたいと願いました。

 病院側とボランティアスタッフの配慮により、マクレインさんとユーティーの再会が実現したのです。感動の再会の様子を、ぜひ次のページの動画でご覧ください。