野良犬仲間と喧嘩し、身も心も傷ついていた犬がつらい過去から解放されて見せた新たな一面とは?



ボロボロのヒューゴ

 エサの確保、人間や他の犬との争いなど、「野良犬」として暮らしている犬は過酷な毎日を送っているはずです。仲間数匹と一緒にいても、心から安心できる時はないのでしょう。

 「ケガをした犬がいる」という通報により、動物保護団体が向かった先は工場地帯。そこには、毛布の上で丸まっている犬がいました。

 この犬は「ヒューゴ」という名前です。ヒューゴは仲間たちとここで暮らしていたのですが、他の犬とケンカをして大ケガを負ってしまったのです。

 保護しに来たスタッフを必要以上に怖がるヒューゴ。大きく目を開き、警戒しています。無事に保護できるのか気になる方は、次のページの動画にてご覧ください。