人間を信用できずに大暴れする毛むくじゃらな野良犬の保護された後の変化に涙が止まらない・・・



毛むくじゃらの野良犬

 住宅街に現れた1匹の野良犬。その犬は手入れが一切されておらず、毛はボサボサに伸びきっていて油やホコリでギトギトで真っ黒になっていました。

 しかも人間にかなりの警戒心を持っているのか、車の下に潜っていました。動物保護団体の「Hope For Pows」は、保護しようと逃げだす犬を奇跡的にキャッチできましたが犬はしばらくの間、悲鳴をあげながら大暴れをしていました。

 その暴れようは手を付けられない程でしたが、スタッフは愛情を込めて犬に「もう大丈夫だよ」と優しく諭すように撫で続けました。すると、気持ちが伝わったのか犬は静かになり、可愛い表情を見せてくれました。

 犬はこの後、スタッフの手によってどんどん変化をしていきます。気になる様子は次のページの動画にてご覧ください。心を開き、変わっていく表情にも注目です!