女性が優しく撫でようとすると蘇る子犬の悪夢!子犬の叫びに女性は・・・?



子犬の叫び

 ルーマニアで動物保護をしているモニカさんは、主に虐待された犬の救出や保護された犬をケアをする専門家です。モニカさんのもとにはさまざまな理由で保護された犬がやってきます。

 2015年11月に保護をした虐待された子犬の様子は、経験をたくさん積んできたスタッフたちでさえ胸が痛くなるようなものでした。その子犬は、肋骨が浮き出るくらいガリガリに痩せていていたのです。

 何よりも酷かったのは、モニカさんが子犬を優しく撫でようとした時。子犬は叫び声をあげたのです。鳴き声ではなく、これは叫び声です。

 過去の虐待が、どれだけ酷かったかを物語っているかのようでした。しかしその後、少しだけ子犬の表情が変わってきます。実際の映像は、次のページのにてご覧ください。