1つのマイクロチップが家族をつなぎ、5年ぶりにラブラドールレトリバーと再会できた…!



チャッキー

 今回は、嘘のような本当にあった実話をご紹介します。主役はチャッキーと言う、焦げ茶の毛色をした大型犬です。チャッキーは5年前に、何者かに連れ去られてしまいました。

 家族と仲良く幸せに暮らしていた生活から一変、地獄のようなところへ連れてこられたのです。そこでチャッキーの人生の、半分近い歳月を奪われることになったのです。

 166匹もの犬や猫が、劣悪な環境で飼われている場所に連れてこられたチャッキー。檻に入れられたり鎖につながれたり、衛生的にも問題がある酷いところでした。

 そんなところで保護されるまでの5年、チャッキーは一体どんな気持ちでだったのでしょう?そして、絶望的な世界にいたチャッキーに転機が訪れました。詳細は次のページの動画にてご覧ください。