あるペットショップが動物保護団体と共同でお客を騙した取り組みが話題に!



お客を騙す!?

 保護された動物も、ペットショップの動物もみんな尊い命です。最近は保護団体や施設も増え、殺処分ゼロに向けて行政も民間の方々も懸命に取り組んでいます。

 保護動物に注目が集まるのは良いことだと思いますが、ペットショップの血統書付きの動物たちが悪いわけではありません。動物たちは金もうけや見栄のためではないこと、人間のエゴや都合で動物の生死を操ってはいけないということです。

 どの動物と暮らすかは育ちや血統で決めるのではなく、インスピレーションや相性、そして運命なのです。一緒に暮らしていると「出会うべくして出会った大切な家族」と感じるはずです。

あるペットショップが動物保護団体との共同で、お客を騙してある取り組みを始めました。詳細は次のページの動画にてご覧ください。