安楽死寸前で救出されたものの、恐怖に怯えていたプードルが甘えるまでの軌跡に涙…!



怯えるエディ

 エディは安楽死させられる予定でしたが、保護されて生き永らえることができました。それまで虐待される毎日を過ごしてきたのか、人間をおそレテ「エディ」と呼んだだけで唸って怒りを露わにしていました

 本当であれば、犬なら名前を呼んでもらうだけで嬉しいはずなのに…。リードを首にそっと繋げますが、激しく抵抗をするエディは部屋の隅で震えています。

 リードを引っ張り寄せると、エディは恐怖のあまり叫び声をあげました。その声に、周りの人たちは胸を締め付けられるような思いでした。

 エディはこの先どうなるのでしょうか?恐怖に怯え切っていたエディのその後の軌跡は、次のページの動画にてご覧ください。