ガンに犯されたピットブルの11歳の誕生日に世界中の人々から送られたプレゼントとそれに対する反応に感動…!



ガンと闘ったウォレス

 ウォレスは、血管肉腫(癌)と診断されました。そして、2週間〜3ヶ月は化学療法なしで生活することが許されました。しかし、ウォレスはその力強い生命力で7ヶ月も生きたのです。

 この日は、ウォレスの11回目の誕生日でした。まずはバースデーケーキでお祝いした後、たくさんのプレゼントがウォレスを待っていました。これはガンになりながら最後まで力一杯生きた犬、ウォレスのお話。

 最後までガンと闘った姿は人々に感動を与え、同じようにガンに苦しむ人々の心の支えとなったことでしょう。世界中が涙したウォレスの動画を、次のページにてご覧ください。